男魂クルーのブログ


by dankonten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

0728

こんばんは、兼重です。
男魂展、めでたく終了いたしました。

b0152452_21201178.jpg


展示がバタバタだった、オープニングパーティしか来れなかった方。
実際に行った方から話を聞いたものの、もう終わってしまっていたという方。
行きたかったけど、日程が合わず、来れなかったという方。

まだその余韻が残るうちに、もう少しメンバーの紹介をしてみようかな、と思います。

また、実際に見て・聞いて・触った人にも、より理解してもらえたら。
そんなこんなの5人目の紹介です。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-28 21:20

0727

こんばんは、兼重です。
男魂展ファイナル!

もはや、言葉は語るまい。
がんがん、写真で一言いきます!














b0152452_22455724.jpg

お客様は、神様です。






b0152452_22343993.jpg

スケボー解説中の「しんご」と「けんちゃん」。





b0152452_22353971.jpg

作品解説中の「のりくん」。





b0152452_23184274.jpg

休憩中の「なる」。





b0152452_22485742.jpg

まどろむ「ゆうすけ」。





b0152452_22505063.jpg

よる「ゆうすけ」。





b0152452_2251538.jpg

よってる「ゆっけ」。





b0152452_22541120.jpg

うかれる「のりくん」。






b0152452_22574919.jpg

ういてる「ゆうま」。





b0152452_2341420.jpg

羽化した「セミ」。





b0152452_22585192.jpg

うつる「私」。





b0152452_22523638.jpg

ささる「しんご」。





b0152452_2304315.jpg

黒いぞ「かずま」。





b0152452_23303.jpg

赤いぞ「けんちゃん」。



















b0152452_2371384.jpg






まず、この場を借りて感謝をしたい方を2名。
紅2点の、さいこちゃんとつるちゃん。

本日のせわしない搬出作業を、がっつり手伝ってくれました。
間違いなく、今日のMVPです。
本当にどうもありがとう!


そして、忙しい中お越しいただいたみなさま。
こんなにもたくさんの方々に来ていただき、
どんなに感謝しても足りないくらいです。
















改めまして、メンバー一同より。
本当にどうもありがとうございました!!!!
b0152452_23224717.jpg

[PR]
# by dankonten | 2008-07-27 23:23

てとらくん

自分のHPのTOPにあるキャラクターデザインを、
実はゆっけに書いてもらっていました。

それが、こちら。
b0152452_9244982.jpg

通称てとらくん。







すると昨日、山口君がものすごいものを作ってきました。









b0152452_9145475.jpg




立体になってる!!!
色、かっこええ!!!

ずいぶん前から製作をしていたのは知っていましたが、
普通、この忙しい期間中に仕上げますか!?

彼の目は充血し、手は塗装だらけでした。




よく働き よく遊び よくは寝ない

彼が、つねづね言う言葉です。

古風な彼のこの男気と、
立体となり、魂が入ったてとらくん。
自分のブースに置かせていただきたいと思います!


兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-27 09:22

紹介4

切り込み隊長のりくん(山口)の作品。
b0152452_8235236.jpg


この迫力!
もちろん、造形師である彼の手によるものです。

この技術!
どうやって作ったのか、意味が分かりません。




本来、仏像というのはこんなはず。


b0152452_8511172.jpg








それが、この姿。


b0152452_8525398.jpg



日本の伝統に敬意を払いながら、現代によみがえるこの仏像。
古風な彼の心意気を感じます。

さらに、この仏像。
これだけにとどまらず、なんと、可動してしまうのです!
しかももう2体あり、そちらは実際に触ることができます!

造形師山口範友樹の手により、唯一無二のオリジナルとなったこの仏像。
実際に好きなポーズにして、今度はあなたのオリジナルにしてみませんか?


兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-27 09:05

紹介3

僕と同じく、今回が男魂展初参加のゆうま(秋澤)の作品です。

b0152452_0532887.jpg


そう、ただの四角です。
見たまんまです。


四角だと思いましたか?
見たまんまだと思いましたか?

実は、それが彼の作品です。

お分かりになる方は、壁がでこぼこしていることにお気づきでしょう。
人間の目は、二つであることで、初めて立体であることを認識できます。









もう一度見てみましょう。












b0152452_0583623.jpg

写真は、もちろん二次元です。
やっぱりただの四角です。



実際に、二つの目で見ることをおすすめします。
二次元と三次元の境目を体感できることでしょう。
スケボーをも宙に浮かす策士の彼は、あなたの視覚に訴えかけます。
目で見えることが、全てではないという事を・・・。


兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-27 01:03

0726

こんばんは、兼重です。
男魂展も6日目。
b0152452_0183412.jpg


土曜日ということもあり、本当に多くの方にご来場いただきました。
(写真は男魂展オリジナルチロルチョコ。まだ若干の余裕がありますよ。)

今日は、メンバーもほぼ全員参戦。
みなさんの生の声を聞くことができ、すばらしい一日となりました。

今日、多くの方々から聞かれた質問が、

「次回は、いつやるのですか?」

といった声でした。

今回がとても面白く、また来たい(期待)という意見が数多く寄せられました。
うれしい気持ちでいっぱいになりつつも、正直、今回に全力をそそぎすぎて、
まさかそのような意見がたくさん出てくるとは思いもよりませんでした。

自分にいたっては、今回が初参加。
改めて、このメンバーの持つチカラを再確認しました。

お答えするならば、次回に関してはやはり「未定」というのが本音になります。
ここへきて、歯切れが悪くてすいません。
ただ、「またいついつに必ず!」という制約は、今回に関しては「枷」となってしまいそうなのです。

まずは、6年ぶりの開催という奇跡を、みささんと共有できれば幸いです。

そして、今日の終わりの奇跡を一つ。


b0152452_0344995.jpg

こちら、ゆっけ(ふかせ)のスケボー。
はしっこに、何かいます。

試しに、よってみます。










b0152452_036991.jpg

!!!!!!!!!
セミが、羽化してます!
(奥で浮かしてる、ゆうまのスケボー。)




数分後。



b0152452_0395463.jpg

出てきてます!!!!!!!
明日、ゆっけのスケボーがいよいよ完成を迎えます。

男魂展セミファイナルの奇跡で起きた、一つの奇跡。
ぜひ、体感してください!
[PR]
# by dankonten | 2008-07-27 00:45

紹介2

次に紹介するのは、男魂展メンバー最年長のけんちゃんです。

彼の作品ももちろんあるのですが、今ここでアップはしません。
いやむしろ、すでにアップされてると言っていいのかもしれません。

今回の男魂展は、共通テーマのスケボーと個人作品という二つの構成からなっています。

スケボーは、前述の通りですが、
個人作品は、セパレートはしていませんが、個人ブースの集合という形態をとっています。
しかし、メンバーといえば、

フォトグラファー
造形師
アートディレクター
グラフィックデザイナー
プロダクトデザイナー
映像ディレクター
漫画家
モデラー
レコーディングエンジニア

もう、無茶苦茶です。
しかも、ちょっぴりどう猛です。

けんちゃんは、そんな僕たちのために「檻」を作ってくれました。

ときには、フォント。
ときには、ロゴ。
ときには、コピー。
そして、DM。

彼の作品は、ボクは会場全体だと思っています。

セパレートしていない個人ブースに、見えない檻がいくつも見え隠れします。
檻は、ときに枷とも言います。
でも、これも一つの制約なのではないでしょうか。

黒ぶちメガネを光らせ、今日もけんちゃんはせっせと飼育をしていることでしょう。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-26 10:15

紹介1

もう少し、メンバーと作品のことにも触れてみたいと思います。


今回の男魂展復活における一番の功労者、「後藤成」くんの作品。


b0152452_21515812.jpg







そう、テーブルです。





とにもかくにも、立派です!

しかし、それはほんの一面。

まずは見て欲しいのがこちら。






b0152452_2231482.jpg







この二つの木を、「指物」という技術を使うと、







b0152452_2251290.jpg






ぴったりくっつくのです。

全く外れません。






もうお分かりですね。








そう、こちら。

b0152452_21565562.jpg


ねじ・くぎを、一切使っていないのです。
そう思って見てみると、さらに深みが増して見えます。

これも、ぜひ生で体感して欲しいものです。
見て、聞いて、そして触って。
何かひとつでも、みなさんの心に届くと幸いです。





兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-25 22:10

0725

こんばんは、兼重です。
男魂展も5日目。
b0152452_21474043.jpg


今日の担当は、なる(後藤)と私。
ほかの日に比べ、比較的おだやかな日となり、
日中には、こんな来客も。





b0152452_21361580.jpg

けんちゃんのラジコンで遊ぶ、友人の長女。

(奥で空飛ぶ、ゆうまのスケボー。)














b0152452_21371311.jpg

かずまのパチンコに夢中の、友人の次女。

のびのび遊びまくり。
もちろん、どちらもスケボーです(笑)。

まずは平日に来てくれた方々、本当にどうもありがとうございました。
ゆっくりゆっくり見ていただき、とてもうれしかったです。
あるお客さんなど、「もう1度見たくなりました。」
といって、一日に二度来てくれたりもしました。

夕方にはしんご(川上)も駆けつけ、たくさんの同僚の方にも見ていただきました。

なんと言っていいのか、もうこの上ない喜びです。

さあ、明日明後日はいよいよ休日。
次回の男魂展は、もちろん未定。
このチャンス、たくさんの方々のご来場心よりお待ちしています!
[PR]
# by dankonten | 2008-07-25 21:49

0724

こんばんは、兼重です。
男魂展も4日目。
b0152452_2302976.jpg


お花や差し入れなど、心あたたまるお気遣いに感謝しつつ、時が過ぎております。

今日も、平日にもかかわらず、たくさんの方にご来場いただいたきました。
本当に、どうもありがとうございます。

やはり、個人の作品もさることながら、
共通課題というのも、みなさんの心をくすぐっているのを体感しています。

今回のテーマは「can't skate」。
「すべらない」スケボーです。

あるものは、スケボーの概念をぶっ壊し、
あるものは、スケボーの新たな可能性を模索し、
あるものは、スケボーの本質に迫ります。

日本人が不得意な分野として、自由というのがしばしば挙げられます。
けれど、ある制約の中での自由においては、
ときに、ものすごいエネルギーを生むようです。

自分たちで制約を決め、その中で暴れまわる。
それが、実は日本人の心に響くような気もする今日この頃です。

そして、今回の展示にあたり、個人の作品もその延長線上にあり、
今回の男魂展のコンセプトも、実はその中に答えがあるようなのです。

今年も、夏は暑いです。
はたして、去年の夏はこんなにも熱かったのだろうか。
そんなことを考えさせる、2008年のある夏の夜でした。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-25 02:51

0723

こんばんは、兼重です。
男魂展も3日目。
b0152452_222223.jpg


今日の現場は、かずまっく。
自分は、午前中だけ顔を出しました。
昼には、ゆっけ(ふかせ)もご登場。
相も変わらず、今日もゆるゆると素敵な時が過ぎていました。

とはいえ、ちょっとだけ個人的なこと。
今回の展示の作品にあたり、感謝をしたい人物が3人ほどいるのであります。

No.1 伊藤裕佑くん
イメージができた段階で、映像も頭の中では完全に出来上がっていたのですが、
自分でやろうといろいろがんばったのですが難しく、
アニメーションを一手に引き受けてくれたのがこの人。
昨年までは、一企業のwebデザイナーだったのに、
20代最後にして、CGクリエイターへと転職。
高校時代からの友人であり、バカ話しかしない仲だったはずが、
いつの間にか、人間的にも技術的にも成長していました。
本当に、どうもありがとう。

No.2 高久健太郎くん
音と映像のオーサリングやってくれたのがこの人。
DVDと一口に言っても、映像と音で様々なフォーマットがあり、
今回、その出口管理に多大なる協力をしてくれました。
映像の技術もありながら、企画・演出・制作までもこなせる、
まさにユーティリティプレイヤー。
玄人目線からは、たまらない人材。
人のよさも加わって、本当に感謝でした。
奥さんのかよちゃんも、いろいろとお世話になりました。。


No.3 下山林太郎くん
説明不要の男魂展メンバー。
今回、作品は出品をしていないものの、
裏方として、口では言い表せないほどの協力をしてくれました。
体力・行動力に於いては、右に出るものはおらず、
ガテン系の作業には、必要不可欠な存在でありました。
自分の作品の搬入など、彼がいなかったらと思うとぞっとしています。

自分の素敵な友達リストには、スペシャリストばかりで、
つくづく幸せだなと感じずにはいられませんでした。
男魂展のメンバーは言うまでもなく、
それ以外にも、こういった様々なつながりをいつまでも感じていられたなら。
そして、それがもし第3者へも届くことができたなら。
そんな気持ちを抱きつつ、男魂展はいよいよ折り返し地点に突入するのであります。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-24 02:58

0722

こんばんは、兼重です。
男魂展も2日目。
b0152452_21292442.jpg


昨日が、ばったばただったので(本当にすいません)、
実質1日目みたいな感じですかね。
平日にもかかわらず、わりと人がきれない様子で、感謝感謝です。
b0152452_2130918.jpg


本日は、けんちゃん(関口)・かずま(松井)・私が現場担当。
仕事の合間をぬって、のりくん(山口)やゆうま(秋澤)も駆けつけてくれました。

早速、ちょっと壊れちゃったけんちゃんのスケボー。
なんでそうなるかは、体験してのお楽しみ。
b0152452_2135293.jpg


とてもうれしかったのが、来てくれた人が結構時間をかけて見てくれたということ。
そして、ほとんどの方がとても真剣にアンケートを書いてくれたということ。
まさに、ドーパミン出まくり。

で、ボクも実はみんなの作品をあんまり知らなくて、
今日、じっくり見させてもらいました。

「あれ、これこういうことか!?」
「なるほど、そうだったんだ!」

なんてことの連続。
アラウンドサーティーの懐の深さを感じずにはいられませんでした。

無事に始まって、ほっと胸をなておろしつつも、
渋谷の喧騒の中、ふらっと立ち寄るにはうってつけの空間だなぁ、と
改めて感じております。
まだまだ続くので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。
メンバー一同、お待ちしております!

兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-22 21:49

男魂展0721大盛況

男魂展初日大盛況でした!

来てくれた方々に感謝します。ありがとうございました。

あと6日間、少しでも多くの人に、私たちのリビドーにも似た「衝動」から生まれた作品を、見て、聞いて、触って、感じてもらえればと思っています。

本来搬入日だった日をオープニングパーティーにしてしまったので、設営に戸惑いお待たせしてしまった方々には大変ご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

作品が全て出揃い、自分たちでもビックリしたりドキドキしたりしています。
手前味噌ですが、見に来ていただければ、何か1つは共感して頂ける作品との出逢いがあるのではないかと思っています。そんな出逢いが1つでも2つでも重なることで私たちの「自慰行為」が「コミュニケーション」に近づくんじゃないかと思います。是非私たちの「男魂」を「生」で感じてみて下さい。

明日からは通常の11:00~19:00でやっていますので(最終日は17:00まで)、まだ来ていない方は是非一度いらしてみて下さい。

それではあと6日、沢山のご来場お待ちしています。

関口
[PR]
# by dankonten | 2008-07-22 00:52

北の国から~2008結婚~

おはようございます。
竹田です。ついに男魂展初日ですね。あと三時間後に搬入開始です。
ですが僕は今、北海道の新千歳空港にいます。なんでかっていうと弟の結婚式に出席したからです。まさか泣かないだろと思ってましたが号泣です。うちの奥さんが久しぶりにあんなに泣いてる人を見たと言っていました。不覚。でも暖かくていい結婚式でした。
搬入まで間に合うように急いで帰ります。間に合うのか?やれんのか!?

オープニングパーティーでは泣きすぎで腫れた目で皆さんをお迎えしようと思います。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-21 07:57

0721始まります。

あぁこれを書き始めて1時間が過ぎた。
だめだ、面白いことを書こうとか、
いい感じの文章書こうとか気負いがあったのか全く進まず、
結果的にいい感じの文章のための文章になって内容ゼロになったので
消してやった。ざまぁみろ。

申し遅れました、秋澤祐磨です。初めてブログ書きます。
男魂展初日の朝を迎えました。
先ほど搬入前の準備作業が全部終了。

そういえば、初めて会議に参加したときはダウンジャケットを着てたな。
もう夏だ。そりゃテンションも上がるで。

6時間後に搬入作業が始まる。
18時からビールを飲む。
別に大酒飲みではないですが、ビールをくぃ〜っと飲みたい。
この二週間暑い日が続いたけど我慢してまいりました。
今夜は飲んでやろうとムラムラしております。
プレミアムモルツってホントにうまいと思う。
あれを飲みながら、これホントうまいなって3回は言ってる。
結構売れているのであろう、消えなそうなのがまたうれしい。
ちょっぴり高いが、バカ飲みする訳じゃないのでそっちを買うことにしてる。

さて、ちょっと寝るかな。眠くないけど。
腹が減ってきた。

さあ夏ですよ。
7月21日、男魂展始まります。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-21 07:23

あとmisonoがいたユニット

こんばんは、兼重です。
残すところ、あと2日。
待ちに待ったぜ、男魂展。
最初の投稿でも書いた通り、
本当に梅雨が明けてしまいました。

今日テレビで、脳学者の茂木さんが言っていたのですが、
人は、出来るか出来ないかギリギリの目標をクリアしたとき、
ドーパミンが分泌されて、とても幸せな気分になれるのだそうです。

言葉にすると、そりゃそうだという感じですが、
まず、自分の能力を把握しなければならないし、
その後、具体的な計画を立て、
なおかつ、実行しなければならず、
さらに、達成しなければならないという、
幾重もの壁を越えなければならないんですよね。

にくいぜ、ドーパミン。

でもそんなドーパミンを、
手っ取り早く手に入れる方法を、ボクは見付けてしまいました。

それは、仲間とやってしまうということです。

すでに、軽くドーパってます。

とはいえ、男魂展のあとこそ大切だとも思っています。

ボクたちの、現在のドーパミンが、
みんなの、未知なるドーパミン探しのきっかけになるんじゃないか。
そんなことを考えつつ、布団にもぐるのでありました。



兼重

b0152452_23181882.jpg
[PR]
# by dankonten | 2008-07-19 23:18

想像する事と創造する事

みなさんこんにちは。
ロンドン遠征中のキラッ星人、奥村です。

先日ちょうどこちらの卒業展示会が終わりました。僕のコースLCC(London college of communication)のMA Interactive Mediaと言って、セオリーとデザインプロセスの充実に力を入れているので必然的に作品も実践的なものになります。それでも想像好きな僕はどうしてもコンセプチュアルなものを作りたくて、コンセプトとそれを証明するためのプロトタイプを展示する事で折り合いをつけました。ink-ling.co.uk

作業している時に、よく『創造力ってなんだろう?』って考える。要するにこの作品は創造力が高いと言えるかどうかってこと。ボーダーがあるかは別として上下はきっと他と比べて客観的に判断する事でしか分からないのではと思う。その評価のプロセスの繰り返しで想像力は鍛えられるのかも。『知識』はすごく大事。やっぱり何でも勉強する事は大事よ。『経験』もすごく大事。昔繋がらなかった点と点を繋げてくれるのは最近の『経験』の活躍かと。
ただ考えるだけの想像はきっと誰でもできる、それを形にするのはまた別の話。

男魂のみんなは創ってるよ。きっと。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-19 21:24

あと3日?

みなさま、こんばんは。
フォトグラファーを生業としている松井一真です。
早いもので男魂展まであと3日。
あーあの頃は「まだまだ余裕」って言ってた気がします。
あの頃が懐かしい。
そう、あの頃は余裕がありました。
余裕だと色々と予定を入れてしまいます。
作品が頭の中でなんとなく出来ているとそれが加速し、更に予定を入れてしまいます。
なぜなんだろう?
どこからくるんだろう、あの自信は。
今まで、期日の当日ギリギリまで作品に追われ、余裕だったことは一度もないのに。

そして今、自分の作品を必死で製作中です。
明日も明後日も仕事です、家にもたくさん仕事が残ってます。
でもいいんです、21日以降はやり遂げた充実感が待ってるんですから。
きっとその充実感&打上げ好きという自分の性格がギリギリまで作品を作るという事に結びつき、予定をたくさん入れ、それをこなさなくてはならないという事に結びつき、自分の首を絞めていると最近気づきました。
人にいじめられるのは嫌いですが、自分をいじめる事が好きなんですね。

あっ、そろそろマスキングをはがさないとです。
ではみなさん海の日に、海のない糞暑い渋谷で半目で待ってます。

松井一真
[PR]
# by dankonten | 2008-07-18 23:58

空にモゥーモゥー


どーも。ふかせゆーすけです。
今日の東京はとても蒸し暑いです。

 案の定、ぼくは汗をかいて
渋谷の坂道をのぼっていく。
途中のコーヒーショップに入り、
カウンターごしの店員さんに
「アイスコーヒー OR DIE.」
と、訴える。爆笑を誘う。

 代々木公園にチラホラと蝉の声。
夏がいつの間にか、肩を並べて
ぼくの隣でにっこり笑う。
まるで英国紳士の風体で、
「お先に。」と会釈する。
空にモゥーモゥーカミナリ雲。
突然の夕立にびしょぬれの洗濯物。
 
 7月21日午後6時。
せーので夏を始めましょう。

b0152452_13511469.jpg
[PR]
# by dankonten | 2008-07-18 12:55 | ふかせゆーすけ

いよいよ!

どうも、男魂展ハイトーンボイス担当のゴトウナルです。

思い起こせば昨年9月30日、
男魂メンバー全員に「展示をやろう!」と話を持ちかけてから
早いもので10ケ月。
何度も話し合いを重ね、
時には意見の相違からけんかになりかけた事も何度もありました。
いや無かったか。笑
そしていよいよ本番5日前までたどり着きました。

正直、当日の会場を構成・設営していくまで
どんな空間になっていくのか、僕ら自身でさえわからない状態です。
だだそれぞの、男魂みなぎる作品が「男魂展」を構成していくだけです。
決まりきった展示よりも、どんな空間になっていくのか
僕ら自身がワクワク、ドキドキしながらつくり上げていく展示。

自分自身が思い切り楽しんでいなければ、
その楽しさは相手には伝えられないと僕は思っています。

だからこそ、思い切りワクワクしドキドキし楽しむ!

それを皆さんに感じてもらい、その先にあるそれぞれの想いに
触れてもらえれば、これ幸いです。
そして皆さんの心の中に何かを残せれば、
これにまさる喜びはありません。

それでは、当日お会いしましょう!!

[PR]
# by dankonten | 2008-07-17 00:00

いよいよあと一週間

切り込み隊長をやらせて頂いている
山口範友樹です
まさか この展示で思いもよらないことに切り込むことになろうとは・・・!?
隊長としての任務だな
筋肉痛と打ち身+睡眠不足は三十路の体を蝕み 座ることすら困難!
こんなんでも展示の日は刻一刻と近づき 寝てなんかいられない
大人ってのは よく働き よく遊び よくは寝ない! っことだよな
 
そんなこんなでもやっぱり何か創ってる時は楽しいな
みんなで創るのが楽しいのか?
昔から学園祭とか楽しかったもんなあ 
無駄にみんなで学校に残ってたかったもんなあ
毎日が学園祭なんて最高だねって思ってたら 
毎日が学園祭みたいなことを仕事にできたなあ
ってことで人生楽しいことばかり!
[PR]
# by dankonten | 2008-07-14 03:02

あと8日

こんばんは、カワカミシンゴです。
男魂展6年ぶりの復活まであと8日になりました。
ドキドキとワクワクで不安定な毎日が続いています。

昨日の千葉は真夏日のよう暑さでした。
この暑さを感じると、スイカとラムネが欲しくなり、となりのトトロを
みるのが僕のお決まりです。

恋に仕事にジブリにと、何かと盛り上がってしまう夏ですが、そんな夏の思い出に
男魂展を加えていただければ幸いです。

たくさんの人に会えるのを楽しみにしています。。
[PR]
# by dankonten | 2008-07-13 00:45

あめザァーザァー

 どうも、ふかせゆーすけです。
 今日の渋谷は雨が降りました。
 雨の街を、水たまりを避けながら
歩いていると、自分でも驚くような
避け方をしてしまいますね。

 そんな中、ひときわ目を引くのは、
雨に濡れて輝きを増す植物たちです。

 あじさいが、ここぞとばかり
色鮮やかに膨らんでいる。
道端の隙間に、もりもりと青く、
コケが茂っている。
見慣れた街路樹さえも、
目に染みるような緑になります。

 その中で、ぼくが嫌う
のが、ナメクジです。

 彼らは、よくブロック塀や
タイルの隙間にいます。
どうやら、コンクリートの中の
栄養素を食べているようなのです。

 …コンクリートの中の
栄養素を食べる…。

 にわかには信じられない。
でも、実際雨の日のブロック塀
に、よくひっついてるのを見る。
 一体どこの誰が、こんな
食べ物を考え出すのだろう。
 ナメクジだろうか。それとも
ナメクジの神様だろうか。

 ナメクジが、本当に
コンクリートを食しているのか、
詳しく調べて、ここに書いた方が
良い。と、覚悟を決めてWikipedia
ナメクジ検索を試みました。
が、やはりぼくは、一瞬で
読み込み中のウインドウを消す。
 無理だ…。写真付きだった。

 今年の関東の梅雨明けは
7月23日頃となっています。
 男魂展の真っ最中です。
ぼくの気分も晴れます。
b0152452_18414489.jpg

[PR]
# by dankonten | 2008-07-11 19:00 | ふかせゆーすけ

ハンズの出来事

今日は、夕方くらいに仕事が終了。
男魂展の作品が終わっていないボクは、
愛車クラブマンにまたがって、ハンズへ向かう。
なかなか欲しいものが見つからず、
とぼとぼと階段を歩いていると、
いきなり、肩を「バン」っと叩かれる。

見上げると、いや見下ろすと、ちっちゃいおっさんが立っていた。
なんと、我らが切り込み隊長「のりゆきくん」。

そう、男魂展メンバーの中で誰よりも小さく、
そして、誰よりも少年のような心を持つ男である。

「おー!」、と思わずテンションが上がるボク。

「おう。」

きっと寝てないに違いない。
よく見るとひげは生え、目の周りにははしわだらけ。
少年のようだった彼は、明らかに30オーバーだった。

どうやって持って帰るのだろうという大きさの物を購入し、

「じゃ。」

と、再び仕事へと戻るのりくん。

ボクは、黙って見送るしかありませんでした。

彼をここまで消耗させる男魂展。
期待は膨らむばかりです。

兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-07-10 22:54

あと2週間

こんばんわ、竹田です。

男魂展まで残り2週間になりました。

今週土日は家にコモリっきりで制作していました。

土曜日、義理の両親からの焼肉のお誘いにもお断りをいれました。

僕的には奇跡です。

なかなか進まないですが、頑張ります。

みんなの笑顔が見たいから…。

お楽しみにー!
[PR]
# by dankonten | 2008-07-07 03:36

虫かごギューギュー

 どうも。ふかせゆーすけです。
 今日の東京は真夏日。
 渋谷の坂道をのぼっていくと、
身体中からにじみだす汗。

 ふと、トンポが横切っていく
のが目に入って、思い出す。

 ぼくが小学校低学年の頃、
夏休みになると、近所の
お兄さん達にまざって
昆虫採集に出かけていた。

 毎日、新しい冒険があって
ぼくは真っ黒に日焼けしていった。

 「ゆーうーすーけーくーん♪
あーそーびーましょー♪」
と、同級生のヒロキくん。

 玄関に出ると、ヒロキくんは
虫かごを片手に笑ってる。

 家の中に入って、なぜか
階段の下に陣取るぼくら。
 ぼくは、ヒロキくんのぶんと
自分のぶんのジュースを持って来る。

 ヒロキくんはアップルジュースを
ゴクゴク飲み込むと、持って来た
小さい虫かごを見せてくれた。

「家族でね、旅行に行って来てさ、
そんでね、今帰って来たとこ
なんだけど、トンボが
いっぱい採れたんだ。」
と言うヒロキくん。
 
 ぼくは、何て言ったら
良いのか、こまった。
 なぜなら、ヒロキくんの
虫かごの中には赤トンボ。

 すぐ外に出れば、
夕暮れせまる住宅地を
自在に飛んでいるトンボだ。

 旅行に行った場所で
捕まえるような、貴重な
トンボではない。

 ヒロキくんは、特に虫が
好きなわけではなかったと思う。
 ヒロキくんは、ちょっと
変わったヤツだった。
 捕まえたカタツムリを
自分の舌の上に乗せたりする。

 虫かごいっぱいの赤トンボを
見せてくれた時、ぼくは
生卵をフローリングに
落としてしまった時のような
表情をしていたかもしれない。
 ヒロキくんに、「少しいる?」
と聞かれても、遠慮をした。
 というか、完全に断った。

 でも、少し照れくさかったんだよ。
なんだかうれしかったなぁ。
そのやさしさは受け取りました。

 ヒロキくんのしゃべり方。
風が吹き抜ける階段。その匂い。
虫かごギューギューの赤トンボ。
重なり合う赤トンボの羽の音。
隣の家のカレーの匂い。

渋谷の白昼の坂道に、
なつかしい自分の知己を見つけた。



今年の夏の獲物は、日本本土と南西諸島、
台湾の間を往復しているアサギマダラ(写真) b0152452_1746492.jpg
[PR]
# by dankonten | 2008-07-04 17:47 | ふかせゆーすけ

世界の男魂

どうも、男魂展最重量の竹田です。

展覧会もうすぐですね。

さて、先日仕事で某温泉の撮影に行ってきました。

その撮影では、モデルが外国の方でした。

いざ撮影が始まるとそのあまりにもインターナショナルな男魂の前に世界との差を痛感してしまいました。

ただ撮影後、カメラマンの方とその話をしていると、「竹田君、日本の男魂には世界にはない驚異的な伸びしろがあるんだよ。」と教えてくれました。

僕はそれをきいて今回の男魂展は必ず成功すると思いました。

こんなみんな三十路まっしぐらな感じですが、まだまだ伸びしろがあるみたいです。

男魂展お楽しみに。(酔っぱらってて良くわからん文章だ。)
[PR]
# by dankonten | 2008-07-03 02:45

初ブログ

どうも。男魂展長兄、関口です。
本当に久々の男魂展。今回も宣伝担当やらせていただきました。
今回大きく違うのはこのWEBサイトの立ち上げが一番大きい!!
アナログで通してきた男魂展がブログを書いているなんて本当に進歩です。

これも新メンバーてっちゃんのおかげ。本当に感謝です。

これからも随時情報をアップしていく予定ですので(てっちゃんが)、皆さんたまに目を通していただければと思っています。

そして宣伝用のビジュアルは、ある部位(行為)をモチーフにしています。
伝わりますか?自分のまわりでは全然伝わっていません。あきらかに失敗です。

それでは07/21に会場でお待ちしています。

関口
[PR]
# by dankonten | 2008-07-01 13:37

DM

先日、おそらく最終であろうミーティングも終わり、
(自分初出席です、すいません。)
いよいよ「準備」から「始動」の様相を呈しております。

まずは、とうとう配布を開始したDM。

手元に届いてしまったそこのあなた!

えーと、絶対来てくれよな!

b0152452_1101265.jpg

兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-06-30 10:46

サイトオープン

さあ、いよいよ梅雨空もふっとばすあの男魂展が、
6年振りの復活です。
7/21日までは、このサイトを使って様々な情報をドロップしていきたいと思います。
お楽しみに!

兼重
[PR]
# by dankonten | 2008-06-29 13:25